キャリアアップを転職先ではかりたいときは

Filed under: 看護師 転職 — exadmin @ 2:30 PM 2014年2月17日

看護師としてキャリアアップを目指している若い看護師も少なくないかと思います。ナースとして実際に働き始めてからも、よりよい看護を行うため、看護師には様々な資格があります。その中でも認定看護師という資格では、あわせて5年以上の実務経験、うち3年間は指定の専門看護の科で実務経験がないといけません。


転職後に認定看護師を目指したい場合

今の職場ではなく、転職してから資格を目指す場合、認定看護師として資格を取りたい科に配属がされるかを確認しましょう。あわせて5年の実務経験なので転職前の病院の経歴も含めることができますが、希望の科へ配属されていない場合は、その科での3年以上の実務経験を積む必要があります。またこの資格試験では日中に行われる講習に連日、出席する必要があります。その期間は休職、または夜勤のみの扱いとなりますから、病院がどのような姿勢でバックアップしてくれるのかを確認しましょう。


病院で変わる資格への対応

総合病院などでは特に、病院側や同僚の理解と協力がないと資格取得は困難です。中には資格試験の勉強にかかる費用の一部を負担してくれる、休職期間にもお給料は少しだけでも出るというところもあると言われています。キャリアアップに必要な勉強にどこまで病院が援助をしてくれるか、という点もしっかり確認しましょう。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

現在、コメントフォームは閉鎖中です。